SANYO DENKI(山洋電気) JAPAN

プロダクトニュース

CEマーキングに適合
瞬時電圧低下補償装置 「SANUPS C23A」 を発売

2020年2月12日

山洋電気株式会社は,完全無瞬断の瞬時電圧低下補償装置 「SANUPS C23A」のCEマーキング適合品を開発しました。瞬間的な停電や電圧低下が発生した場合でも,安定的に電力を補償します。欧州やアジアなどのCEマーキングを必要とする国や企業で使用する工場設備の生産性や装置の信頼性を向上します。

SANUPS C23A
200 kVA

特長

1. 完全無瞬断

瞬時電圧低下や瞬時停電が発生しても無瞬断かつ完全な正弦波で電力を供給します。
瞬低の影響を受けやすい装置の誤動作や故障による稼動停止を防ぎ,工場設備の生産性の向上を実現します。

2. 高効率

パラレルプロセッシング給電方式(常時インバータ並列方式)により,効率97%※1を実現しました。ランニングコストを低減でき,環境保護に貢献します。

3. アクティブフィルタ機能

機器から発生する高調波電流を抑制し,商用電源や他の機器への影響を防ぎます。
同時に力率も約1.0に改善するため,電力を無駄なく利用できます。

4. 保守費低減

長寿命な電気二重層キャパシタを採用しました。
メンテナンスの手間と費用を削減できます。

5. CEマーキング適合

低電圧指令,EMC指令,改正RoHS(RoHS2)指令に適合し,欧州やアジアなどのCEマーキングを必要とする国や企業で使用できます。

※1 100,200 kVAの場合。

仕様

型番 C23A503C C23A104C C23A204C
定格容量 50 kVA 100 kVA 200 kVA
運転方式 パラレルプロセッシング給電方式(常時インバータ並列方式)
交流入出力 相数・線数 三相3線
定格電圧 200V, 210V, 220V
定格周波数 50/60Hz
ひずみ電流補償 補償率85%以上,2~20次高調波※1
キャパシタ給電への切換時間 0秒(無瞬断)
瞬低補償時間 1秒以上(定格負荷時)※2

※1 100%整流器負荷時。

※2 定格負荷:負荷力率0.8(遅れ),周囲温度25℃の場合。

カタログデータ

日本語版 [324KB]

English [226KB]

用途

半導体製造装置,液晶製造装置,工場設備,動力設備など

発売予定日

2020年2月12日

価格

オープンプライス

リリースに記載されている内容はすべて,2020年2月12日現在の実績です。
「SANUPS」は山洋電気株式会社の登録商標です。